金貨155万円分を盗んだ薬師寺晃一容疑者。顔画像と家族の情報は?

シェアする

日本銀行の元職員・薬師寺晃一容疑者が、金貨を盗んだとして逮捕されました。

薬師寺容疑者は、仕事中に盗んだよで換金も行っていたようです。

それにしても、薬師寺容疑者とはどういった人物なのでしょうか?

スポンサーリンク




事件の概要

日本銀行の元職員の54歳の男性が、金貨を盗んだとして逮捕されました。

逮捕されたのは、日銀の元職員・薬師寺晃一容疑者(54)です。薬師寺容疑者は、今月2日、日銀で管理していた10万円金貨2枚を盗んだ疑いが持たれていて、金貨は銀行で換金していたということです。

 薬師寺容疑者は、日銀で金貨や紙幣の鑑定をする業務をしていましたが、内部調査で、去年12月以降、昭和天皇の在位60年記念の10万円金貨など合わせて16枚、155万円相当が無くなっていたことが判明しました。取り調べに対し、薬師寺容疑者は容疑を認めたうえで、「ほかにも盗んだ」と供述しているということで、警視庁は余罪についても追及しています。日銀は、薬師寺容疑者を20日付けで懲戒免職としています。
出典;TBSNEWS

155万円分も盗んでしまったんですか・・・。

これは、驚きです!

いつ盗んだのかも気になりますよね。

あえて、残業して盗んだのかと思うと、

仕事中に盗んだことは間違いない
出典;産経ニュース

と業務中に欲が出てしまったということでした!

4月10日に内部調査で、金貨が不足していることが発覚し作業記録の確認をしたところ、薬師寺容疑者の容疑が高まったそうです。

しかも、捜査を進めると薬師寺容疑者が銀行で換金している姿が防犯カメラに映っていたという情報もあります。

他にも、余罪がある可能性があるようで、「天皇陛下御即位記念」などの10万円金貨15枚と、「皇太子殿下御成婚記念」の5万円金貨1枚を盗んだ可能性もあるようです。

ますますどういった人物なのか気になりますね。

プロフィール

薬師寺容疑者は、金貨を盗んだとして懲戒免職となり無職となってしまいましたが、日銀の職員だった時までのプロフィールをまとめてみたいと思います。

名前 薬師寺晃一(やくしじ こういち)
年齢 54歳
住所 東京都武蔵野市緑町
仕事 日本銀行職員 発券局日本橋発券課鑑査グループ 企画役補佐

という情報がネット上では公開されていました。

薬師寺容疑者が職員だった当初のお仕事は、流通している通貨を本物、偽物といったように見極める業務を担っていたようです。


出典;TBSNEWS

また、これら以外の情報としてSNSアカウントについてFacebookで調べてみたところ、残念ながら個人を特定できる情報がありません。

詳しい検索結果はこちら

顔画像は?

それでは、ここでネットニュースなどで顔画像などについて調べてみることに。

そうすると・・・。


出典;TBSNEWS

といったように顔を伏せている様子が映されており、はっきりとした表情は確認することが出来ませんでした。


出典;TBSNEWS

警察車両と思われる車に乗っているようですが、、この際はどのような心境なのでしょうk?

このように、顔をみえないようにしているということはそれだけ自分が犯したことに対して反省をしているということなのかもしれませんね。

スポンサーリンク




家族の情報について


出典;TBSNEWS

薬師寺容疑者の給与はどのくらいかは分かりませんが、平均年収について調べてみると54歳だと約798万円、月収は47万円、ボーナスが230万円というデータがあるようです。

ということは、結婚して、子供いるのかと思ったところ・・・、

残念なことにネット上には家族や子供についての情報が明らかになっていませんでした。

しかし、今回は金貨を盗んでしまったということを考えるとプライベートでお金に困っていたということにもなります。

だとすると、子供の教育費や車、家のローンなどいくら給与が良くても、尽きない家庭問題は多くあります。

あくまでこれは憶測にすぎないので何か情報がありましたら追記していこうと思います。

盗んだ金貨の画像

薬師寺容疑者が、盗んだと思われる金貨とは画像で見るとこのようなものでした。


出典;TBSNEWS

これはきれいなお金ですね。

いつか私たちも手に取ってみたいものです。

確かに高く売れそうな感じはしますが、日本銀行の職員が国の大事な金貨を盗むとは今後は起きないことを祈るばかりです。

ネット上の反応

まとめ

日本銀行の元職員の男性が、金貨を盗んだとする事件。

日本銀行の職員といえば、私たちのお金を大事に管理している職業でもあります。

そのため、このような事件が起きてしまうと信頼していいのか疑問に思いますね。

今後は、二度とこのような事件が起きないように組織の仕組みを変えていく必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク