【訃報】名脇役の大杉連さんが、急性心不全で死去!最後は、共演者にみとられた。

シェアする

突然の訃報が飛び込んできてしまいました。

北野武監督の作品の映画「HANA-BI」などで活躍した大杉連さんが21日午前3時53分、急性心不全のため亡くなりました。

これは、ドラマロケ終了後の出来事のようで、信じられない出来事となってしまいました。

スポンサーリンク




大杉連、プロフィール

本名:大杉 孝(おおすぎ たかし)
生年月日:1951年9月27日(66歳没)
出身地:徳島県小松島市
職業:俳優
事務所:ザッコ

大杉さんは、舞台で活躍する中、オーディションをきっかけに93年に出演した北野武監督の映画の作品「ソナチネ」での暴力団幹部役を務め注目を集めました。

その後は、98年に同じく北野監督の映画の作品「HANA―BI」などで報知映画賞助演男優賞などを受賞。

これらの作品の出演をきっかけに、悪役や父役といった脇役として活躍していましたが、昨年1月から日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の人気企画「ゴチになります!」にレギュラー出演するなど、バラエティー番組にも活躍の幅を広げていました。

しかし、21日午前3時53分、急性心不全のため66歳で亡くなりました。

報道の内容

大杉連さんの死去については、多くの報道機関で取り上げられていました。

「ソナチネ」や「HANA―BI」など、北野武監督(71)の映画をはじめ、数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、急死した。66歳。徳島県小松島市出身。

所属事務所が「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公式ホームページで発表。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うとし、「これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と記した。
出典;スポニチ

さらには、死去する前日の20日にはテレビ番組の撮影を行っていたそうで、明るい表情を浮かべていたそうです。

大杉漣さんは亡くなる前日(20日)も千葉県内でテレビ東京「バイプレイヤーズ」の撮影に元気に参加していた。公式サイト「スポニチアネックス」の連載取材で、記者が現場入りしたのは20日午後1時頃。ちょうど大杉さん、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)松重豊(55)光石研(56)の5人で最終回(第5話)のラストシーンを撮影していた。合間に光石がギャグで駅名を連呼し、5人で笑い合っていた。その明るい笑顔から半日後に…。今も信じられない。
出典;スポニチ

事前に病気の予兆があってもいいような気がしますが、この内容を見る限り周囲の人たちも全く予想が出来ず信じられない出来事だったようですね。

スポンサーリンク




ドラマ収録後の様子

大杉さんは、20日にはテレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の収録を行っていたようです。

収録後は、共演者とともに夕食を済ませ、ホテルの部屋に戻ったところ腹痛に襲われたとのこと。

出演者は共通のライングループがあったようで、それを利用した大杉さんは体調の異変を訴えました。

これに気が付いた松重さんがタクシーで最寄りの病院に連れて行きましたが、治療の効果はなく容体は悪化してったようです。

最後は、松重さんの知らせを受けた光石研(56)、田口トモロヲ(60)、遠藤憲一(56)がみとりました。

日本中に名の知れた方なので、共演者だけでなく色々な人たちに衝撃が走ったと思います。

ドラマの放送と葬儀について

ドラマの放送について、テレビ東京は、

ご遺族、事務所、キャストの皆さまのご意向もあり…
出典;スポニチ

と21日は予定通りに放送。

28日と3月7日については、現在、検討中とのことです。

また、葬儀については大杉さんの所属事務所ザッコには、

葬儀は、大杉本人・家族の意向により親族のみで執り行うことになりました。

尚、お別れの会は、詳細が決まり次第あらためてお知らせさせていただきます。
出典;ザッコ

とコメントがあり、お別れの会を行うようですが、予定がわかり次第公表するとのことでした。

関係者のお悔やみの言葉

今回の大杉さんの死去に伴い、ドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の共演者の方たちのお悔やみの言葉が公開されていました。

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。 しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。

お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。
出典;テレビ東京

また、以下の文章は番組プロデューサーからのお言葉です。

突然の出来事で、まだ現実として受け止めることができません。特に今回のシーズン2では大杉さんには企画の段階から全スタッフキャストのリーダーとして中心的な役割を果たしていただきました。この作品が最期の作品となってしまったことが本当に残念でなりません。スタッフ一同、心よりお悔やみ申し上げます。
出典;テレビ東京

今回、大杉連さんという偉大な方が亡くなられました。

名脇役とは言え、誰もがその人の変わりが出来ることではありませんし、誰もがお手本にされた方だと思います。

そういった方でも、いつかは亡くなるということは日々を大切に過ごすことが、いかに大事かを身をもって実感しました。

大杉連さん、お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク