松坂大輔選手を中日が獲得!彼と中日・森監督の覚悟とは?

シェアする

2015年に日本球界に復帰しソフトバンクとの契約を結んだ松坂大輔選手。

しかし、度重なるけがに苦しみ退団することに。

そんな松坂選手を、23日に行われた入団テストで中日ドラゴンズが獲得!

その影には、松坂選手と森監督の覚悟があったようです。

スポンサーリンク




松坂大輔、プロフィール


出典;毎日新聞

生年月日:1980年9月13日(37歳)
出身地:東京都江東区
家族:妻 柴田倫世(元日本テレビアナウンサー)夫人と1男2女

松坂選手は、高校時代から甲子園で春・夏連覇をするなど注目を集め1998年のドラフト会議では、3球団競合の末、西武ライオンズに入団しました。

プロ入り後は、オリンピックや世界大会といった大きな大会の代表に選出。

そして、2006年のシーズン終了後にアメリカ・大リーグに挑戦することを明かし、ボストンレッドソックスに入団。

1年目の2007年には日本人初のワールドシリーズの勝利投手になるなど、アメリカでも活躍を見せました。

しかし、2009年以降からは2桁勝利から遠のき、2011年には右ひじ痛により手術を行い再起をかけたものの振るわず。

2013年からはマイナーリーグやニューヨークメッツでプレーするものの、怪我の影響で思ったような結果を残せませんでした。

その後、2014年12月にソフトバンクと4年で12億円という大型契約を結びましたが、在籍した3年間で1軍当番は、わずか1試合でほとんどは、けがの治療のために2軍暮らしが続くという内容に。

そんな状況の中、2017年12月に中日ドラゴンズの入団テストを受けることを決意し、2018年1月23日に非公開で行われ、入団することが決まりました!

この裏には、中日の森監督と松坂選手の覚悟があったことはご存知でしょうか・・・?

入団テストの結果

1月23日に行われた松坂選手の中日ドラゴンズの入団テストの結果は、見事に合格出来ました!

しかも、非公開で行われ、時間にして5分、しかも22球しか投げていないそうです笑

契約内容は、単年で、年俸は1500万円+出来高払い、背番号は「99」という内容です。

年俸に関しては、自身の最高年俸10億円で今回はそれの1.5%に。

松坂選手の投球内容を見た森監督は、

はっきり言ったら、このままずっと見たいという気持ちになった。このままキャンプに連れていく

と心に決めたようです。

ちなみに、合格と言われたタイミングについては、

はっきりは言われなかった(笑い)。「着替えてしっかり会見をやってこい」と言われたので、そういうことかなと。

ということだったそうです笑

それにしても、松坂選手にとっては今年1年にかける思いが強そうですね。

今年にかける思い、覚悟


出典;スポーツ報知

実は、松坂選手はこの日に全てをかけてアメリカで準備してきたようです。

松坂選手のような経歴を持っているなら、育成選手として契約してくれる球団もあるかと思いますが、松坂選手は支配下選手としての契約にこだわりを持っていました。

さらに、今回の入団テストが非公開で行われたことにも理由があり、テストに集中したいという強い思いがあったからでした。

入団が決まりましたが、37歳というベテランでいつまでプレーできるかわからない状況。

そのため、強い覚悟を持っているようで、

・先を見る余裕はない。1年1年最後のつもりでやっていくことになる

・それ(開幕投手)はまだ思えない。使ってみようと思える状態に上がればいい。僕はそこまで持っていかないといけない。それはできる自信はある。(開幕ローテ入りを聞かれ)そこは目標を持っていきたい

とインタビューに答えていました。

是非、万全の状態で開幕を迎えてほしいですね。

スポンサーリンク




中日・森監督の覚悟

松坂選手に対する思い


出典;スポーツ報知

森監督と松坂選手には、過去に同じチームで時間を共に過ごしていました。

松坂選手が西部に入団したての1999年、森監督は西武の2軍投手コーチを務めていました。

そのため、松坂選手に対して愛着や、私たちにはわからない思いを持っていたかもしれませんね。

最後は引退試合をしてやった方がいいんじゃないか。(年俸は)あれだけ稼いだんだから、いまさらカネじゃないだろ。一応、契約書は作るが、(極端に例えれば)ゼロか、それともマイナス1000万か。純粋に野球がやりたいんであれば、あとは本人が決めることだ

とインタビューで答えており、教え子に対する思いがヒシヒシと伝わってきますね。

全てをかける強い覚悟


出典;デイリースポーツ

森監督の方針の中に「1歳でも若い選手がほしい」というものがあります。

そのため、ファンをはじめとした色々な人たちから批判を受ける可能性が十分に考えられます。

それでも、ソフトバンクで苦しんでいた松坂選手に対して、

現役続行の)道を私が作ってもいいのかなと感じた。そういう気持ちにさせた何かがあいつにはある

とコメント。

さらに、現在の松坂選手なら周囲の批判を覆せる、チームにプラスの影響を与えられると信じているのでしょうね。

言わなくてもあいつの気持ちは分かる。やり尽くすまでここでやってみればいい。全部見せて、言葉で、体で、後ろ姿でいろんなものを若い選手に教えてほしい

と強い思いを明らかにしました。

果たして、この思いが実現されるのか、非常に楽しみですね。

中日ドラゴンズに入団することが決まった松坂選手と森監督の覚悟についてまとめてみました。

この覚悟の裏には、双方がお互いに対する思いがあり、さらには信頼があったということですね。

それにしても、松坂選手がどのように飛躍し、チームにどのような影響を与えられるか、今後の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク