マネージャー小林由佳さん。東京六大学野球では初の女性主務としてベンチ入り!

シェアする

東京六大学野球では初となる女性マネージャーとして、ベンチ入りを果たした小林由佳さん。

緊張の開幕戦では、ベンチから選手に声援を送り勝利を収めました。

ここでは、小林さんや野球部のマネージャーについてまとめてみることに。

スポンサーリンク




開幕戦を勝利!

開幕戦を勝利で飾った慶應大学。

そのベンチ内には、東京六大学野球連盟では初となる主務を務める小林由佳さんの姿がありました。

昨年の秋は、リーグ戦を優勝したにもかかわらず敗戦。

そのため、開幕戦を勝利することができ、

きちんと勝ち切れたのでよかったです
出典;デイリースポーツ

と安心した様子でした。

昨年のこともあるので、ベンチではハラハラしていたのではないでしょうか?

さらに、試合中は自身の役割を全うしたようで、

いつも通り冷静にできたと思います
出典;デイリースポーツ

とチームを影ながら支えることが出来たようです。

チームの主将からは、

いい意味で空気になってほしい
出典;デイリースポーツ

と望まれているようで、ある意味チームには欠かせない存在になってほしということなのかもしれませんね。

プロフィール


出典;慶應塾生新聞

チームを支えるのに欠かせない存在となっている主務の小林由佳さん。

どういった女性なのでしょうか?

名前 小林由佳
マネージャーをやっていて嬉しかったこと アナウンスをやっているとき
マネージャーをやっていて大変だったこと 寮の番 1年生の時は、13連勤があったよです。
出身高校 慶應女子

仕事を覚えたての頃に13連勤は、相当大変だったでしょうね。

良く体がもちましたし、ここまで続けられたことは本当にすごいと思います。

小さい頃は、体操選手としてオリンピックに出場することが目標で、全国大会に出場するほどの腕の持ち主でした。

しかし、両腕を骨折するといった大怪我により競技を断念することに。

高校時代は、演劇部に所属していたそうですが、実は家族が巨人ファンのようで野球とは触れ合う機会があったようです。

特に、高校3年生の時に慶應義塾高校の試合を観て、この選手たちと4年後には笑っていたいと思ったことが、マネージャーをやる決め手になったとか。

家族と高校野球の影響は、本当に大きかったようですね。

高校野球に関しては、見ている人全員を魅了する力を持っていますので、共感できる人はいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク




女性主務がなぜ初なの?


出典;スポーツ報知

それにしても、主務としては初ということなのでしょうか?

特に、ここに関しては規定というものはないようです。

しかし、マネージャーでしかも、そのトップの主務となるとどの立場よりも、「速さ」を求められてしまうため、寮に住み込むことが多いようです。

そのため、過去の主務をやってきた人たちは男性が担当していたようです。

今回、小林さんが主務を務めたことに対して、東京六大学連盟関係者は、

女子マネはこれまでも多数在籍したが主務を女子が務めるのは初めてではないか
出典;スポニチ

ということを話していました。

そして、小林さん主務として動き出した際には、

いろいろあると思うけど、負けずに、逃げずに立ち向かっていきたい。男社会だけど、女子でもチャンスがあるよ、と。きっかけとなって(六大学で)主務を目指す子が増えてくれればうれしい
出典;スポーツ報知

と意気込みを語っていました。

これから、注目が集まると思うし、チームも快進撃を続けると考えられますので、これから一層小林さんの活躍が楽しみですね。

主務の仕事とは?


出典;ぱくたそ

主務とは、マネージャーの中でもトップとしてチーム運営を支える役割を担っています。

仕事内容としては、選手の取材対応、公式戦の記録、キャンプの企画・運営、オープン戦の対戦相手の調整などを合宿所で行っているようです。

高校や中学校の顧問の先生が行っているようなことをやっているということになりますね。

このような、仕事を任されるため、寮に泊まり込みをするケースが多いようですが、小林さんは自宅から通っているとのこと。

厳しい環境であることは間違いないですが、それだけ選手を応援したい気持ち、マネージャーという仕事が好き、というのが強いがために、続けられるのかもしれませんね。

ネット上の反応

それでは、ネット上では小林さんのことについてどのような声が上がっているのでしょうか?

・失敗したっていい。
学生は失敗できるから学生なんじゃないかな。

失敗も道だと思うし、なくなってしまう気負いじゃなくて、任せろぐらいの気持ちでいて貰いたい。

・これは高校野球でいう記録員ということですよね。こういった機会をもっと増やしても良いと思います。

・開会式で役員や監督たちと並んでいた姿が印象的だった。
小柄なんだよねえ。
連覇は厳しいけど淡々としていればいい。

・これからが勝負なのかもしれませんね。
きっちり爪痕を残して下さい。

頑張ってー♪

・今のこのご時世なんだし
可能な限り男女の壁をなくして欲しい。

出典;ヤフーニュース

どの人も、小林さんを応援する気持ちが強いようですね。

また、この件をきっかけに男女の壁をなくしてほしい、これからこういう機会を増やしてほしいといった小林さん小林さんのことだけでなく、社会全体に対する意見とも受け止められる声もありましたね。

すぐには、変えられることではないと思いますが男女関係なく、やりたいことに挑戦できる機会を社会全体で手依拠する環境を作るべきなのかもしれません。

そして、小林さんにはこれからマネージャーをやろうと考えている女子高生たちにも夢を与えられる存在でもあると思うので、最後まで頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク