井田真也の居住地はどこ?ストーカー行為で逮捕!ツイッター上では?

シェアする

元同僚の女性に対してストーカー行為をしたとして、岐阜県警の警察官・井田真也容疑者が逮捕されました。

井田容疑者は、容疑を認めているようで岐阜県警は今後、処分などを検討するとのことです。

スポンサーリンク




事件の概要


出典;テレ朝news

岐阜県警の男性警察官が、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されました。

岐阜県警は21日、知人女性(42)=同県関市在住=につきまとったとして、ストーカー規制法違反の疑いで、岐阜市萱場東町9、同県警関署交通課交通総務係の巡査部長、井田真也容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑では、今年2月中旬ごろ、同県美濃市で、女性を待ち伏せし、携帯電話に「話がしたいので、外に出てきてください」などと連絡して面会を要求。4月17日ごろ、女性の友人宛てに、女性について「最低でひどい人間です」などと書いた手紙を郵送したほか、4月20日には関市内で、女性が運転する車に自分の車を並走させたり、信号停止中に接近したりしたとされる。

 県警は、被害女性は容疑者の「元同僚」としている。現在も警察に勤めているかどうかは、明らかにしていない。交際はしていなかったという。

 井田容疑者は逮捕容疑を「その通り、間違いありません」と認めているという。20日の犯行直後、女性が同署に「男性警察官からつきまといを受けている」と相談した。井田容疑者は2013年10月から同署で勤務していた。

 県警の佐名健太首席監察官は「現職警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。被害者、県民に深くおわびする。今後、事実関係を捜査、調査の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。
出典;中日新聞

何かあったら警察官に助けを求めていた方も多いはず。

しかし、そんな誰もが頼りにしている警察官がこのようなストーカー行為をするなんて許せることではないですね。

それにしても、女性に対して、車で並走したり、待ち伏せしたり、相当恋愛感情があり、理性では抑えられないほどの感情が強かったということなのでしょうか?

さらには、井田容疑者は家族がいるという情報もあり、奥さんとは上手くいっていなかった可能性があるかもしれませんね。

井田真也の顔画像は?SNS・家族を徹底調査!ストーカー行為をした?!

プロフィール

それでは、警察官としてストーカー行為をしてしまった井田容疑者とはどういった人物なのでしょうか?

名前 井田真也(いだ しんや)
年齢 50歳
住所 岐阜市萱場東町9
職業 岐阜県警 関署交通課交通総務係員

ということがネット上では公開されており、他にも家族構成は分かりませんが既婚者だという情報もあります。

また、顔画像についてですがネットニュースなどで調べてみたところ残念ながら公開されていませんでいた。


出典;テレ朝news

市民や県民からしたらどういった人物なのか気になるところなので、公開してほしいのではないでしょうか?

また、そのほかSNSアカウントについてFacebookで調べてみたところ、残念ながら個人を特定できる情報がありませんでした。

詳しい検索結果はこちら

スポンサーリンク




居住地は?

ネット上では、井田容疑者の職業や事件内容以外にも住所が「岐阜市萱場東町9」というように公開されていましたので、地図でどういった場所にあるのか調べてみたいと思います。

上記の画像は、井田容疑者の自宅ではありませんが、「岐阜市萱場東町9」の様子となります。

2つの画像からもわかるように、この付近は住宅街のようですね。

ということは、住民同士の関わり、繋がりが多く、どういった人が住んでいるのかわかる可能性が高いですね。

だとすると、井田容疑者はどういった人物に移っているのでしょうか?

ツイッター上では・・・。

それでは、ここでツイッター上で今回の事件についてどういった声が上がっているのか紹介していこうと思います。

というように、様々な意見が上がっていましたね。

それにしても、警察官という職業なのかあたり方は強いようにも思えますが、それだけ皆さんが怒りを感じている証になると思います。

また、ここまで言われてしまうと、顔画像家族の情報などが気になるところ。

今後、新たな情報が入りましたら追記していこうと思います。

井田真也の顔画像は?SNS・家族を徹底調査!ストーカー行為をした?!

まとめ

男性警察官が元同僚の女性に対してストーカー行為をしてしまった事件。

居住地やツイッター上の声を見てきましたが、井田容疑者だけでなく身内にまで悪影響が出てしまう可能性があるかもしれませんね。

また、誰もが頼り、誰もが目指したいと思う正義のヒーローがこのような事件を犯してしまうのは残念に思います。

今後は、組織内の意識改革をどこまでできるのか、市民や県民の皆さんは注目ですね!

スポンサーリンク